インプラント治療以外の選択肢もあります

インプラント治療以外の選択肢もあります

たった1本の歯でも、失ってしまったらすぐに治療に取り組まなければなりません。1本ないだけで不便な生活を強いられるだけでなく、健康にも悪影響を及ぼしてしまうからです。練馬区光が丘の歯医者「さくま歯科インプラントセンター」では、歯の機能を取り戻すための3つの治療法をご提案しています。

入れ歯やブリッジという選択もあります

歯が抜けてしまった時には、インプラントのほかに入れ歯ブリッジの治療でで歯の機能を取り戻すことができます。それぞれの治療法には、次のようなメリットとデメリットがあります。

入れ歯
見た目 概要
見た目 抜けた歯の本数によって、総入れ歯または部分入れ歯をつくります。素材によって保険適用のものと自費診療のものに分けられます。
メリット デメリット
  • 保険が適用される素材を使用すれば経済的負担が少ない
  • 短期間での治療が可能
  • 口腔内の適応範囲が広い
  • 見た目が不自然になることもある
  • 使用、装着に違和感がある
  • 部分入れ歯は天然の歯にバネをかけるため天然歯に負担をかける
  • 毎日お手入れをしなければならない
  • 定期的に調整を行う必要がある
ブリッジ
見た目 概要
見た目 抜けてしまった歯の両隣の歯を大きく削って支台にし、人工歯を橋のように渡して装着します。
メリット デメリット
  • 自然な咬み心地で違和感が少ない
  • 保険適用のものもあり経済的
  • 支台となる健康な天然歯を大きく削らなければならない
  • 支台になった歯に負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまうおそれがある
インプラント
見た目 概要
見た目 歯が抜けた部分の顎の骨にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる方法です。
メリット デメリット
  • 自然に近い咬み心地で見た目に違和感がない
  • 強く咬むことができる
  • 周囲の健康な歯に負担をかけない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 保険が適用されないため高額になる
  • インプラントを埋め込むための外科手術をしなければならない
  • 全身疾患や顎の骨の状態などによっては適応できないことがある

当院の取り扱い入れ歯

自費診療の入れ歯
金属床義歯
金属床義歯 歯肉に当たる床部分が金属でできています。金属は強度があるため薄く加工でき、使用時の違和感がほとんどありません。入れ歯の軽量化も可能です。また、熱伝導率が高いため食べ物や飲み物の温度が伝わりやすく、使用できる素材はさまざまで、ゴールドやチタン、コバルトなどから選ぶことができます。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 歯が抜けた後に歯根が残っている場合、マグネットデンチャーの入れ歯をつくることができます。歯根に磁石を埋め込み、磁石の入った入れ歯と互いに磁力で固定します。取り外しが楽にでき、見た目も自然なのが特徴です。装着感も優れています。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 一般的な部分入れ歯は、クラスプと呼ばれる金属のバネを周囲の歯にかけて固定します。ノンクラスプデンチャーはそのバネのない、特殊な樹脂を使ってしっかりと装着させる部分入れ歯です。周囲の歯に負担をかけないうえに、見た目が自然です。ただし、素材の性質上、高温で変形することがあります。
保険適用の入れ歯
レジン床義歯
レジン床義歯 歯肉に当たる床部分がレジンと呼ばれる歯科用プラスチックでできています。強度を高めるため床に厚みが出てしまい、装着時に違和感があります。また、食べ物の熱が伝わりにくいです。壊れやすい反面、修理しやすいという利点もあります。

歯が抜けてしまったらすぐにご相談ください 診療予約はこちら

PAGE TOP